Rapport [ラポール]|大学生のためのコミュニティポータル|Rapport入学式!

rapport_logo.gifrapporttoha3.gifrapporttoha3.gifschedule3.gifschedule3.gifmember3.gifmember3.gifactivities3.gifactivities3.gifrules.gifrules.gif

title.gif

2017年度 第4回 Rapport研修会

今回の研修会では、辻さん、一平さん、宮本さんにお話をしていただきました。一平さんのお話では、営業活動とマーケティングというテーマで、企業や人が行動を起こす際の本当の理由である、CRAについてのお話をききました。NTTドコモ、softbankの例をもとに、行動の本当の目的がなにか考えました。CRAというものは、目に見えないものです。それを知ることで、相手が本当に何を求めているかが分かるようになるそうです。
僕も、普段の生活のなかで人を見たとき、誰かと話した時に、少し深く考える工夫をしようと思います。
次に宮本さんから、カフェについての説明がありました。東京、パリ、アメリカの様々なカフェを見て、どんな話題性があるのか、写真とともにお話されました。お店によって印象的な店内、写真映えがいいなど、話題性があることを知りました。
次に、辻さんにお話をしていただきました。
1つ目に、違った見方ができるかという、多面性についてのお話です。
2つ目に、いつも時流を考えるということです。
時流とは、どういったことを大切にしたら流行るのかというものです。時流を知るためには、何が加わったのか、自分なら何を加えるのか常に考えるということが大切だそうです。
3つ目に色に着目し、色の違いが分かるようになるということです。そのために、木をみることを例にあげられました。
カフェのお話では、[差別化]が大切というお話でした。自分達しか考えないことをすることが大切だそうです。
これらのお話から、僕も普段の生活の中で、物事をもっと観察していこうと思います。そして、自分ならどんなものを加えるか、どんな工夫をするか考える習慣をつけたいと思います。

小川 僚太郎

ページの先頭へ

photogallery.jpgphotogallery.jpg