Rapport [ラポール]|大学生のためのコミュニティポータル|Rapport入学式!

rapport_logo.gifrapporttoha3.gifrapporttoha3.gifschedule3.gifschedule3.gifmember3.gifmember3.gifactivities3.gifactivities3.gifrules.gifrules.gif

title.gif

2017年度 第5回 Rapport研修会

今回の研修会では林さん、慎吾さん、祐太郎さんにお話いただきました。
林さんは、百十郎というお酒のブランドをたちあげた社長さんです。ブランドを一からつくることの大変さや売り込みでの苦労などとても学ぶことのある講義でした。
私がとても印象に残ったのは『死ぬ気で考える』ということです。そうすることで大切なポイントが導びかれ、いい商品が作れるとのことでした。それにより売り込みも自身をもってできたそうです。私はこれから何事をしていく上でも大事なことだと思いました。

次は慎吾さんの話でした。
今回は経営戦略についての話でした。
経営戦略とは、企業の目的を達成するために、持続可能な競争を確立する打ち手を言い、事業の選択と集中や経営資源の最適配分を行うことです。しかし最適配分で捨てることが難しいということです。
もう一つは、戦略のピエラルキーについてでした。
①経営理念(経営理念)、②経営ビジョン(企業のゴール)、③全体戦略(①②を具体的な数字にしたもの)④個別戦略といったピラミッドがあり、①~④にいくにつれて具体化されていくということでした。就活の時は
経営理念だけでなくピラミッドの下を比べると企業の違いがよくわかり、質問があったときに有効活用できるということでした。

祐太郎さんの話は実社会についてでした。
カフェに開業をするにあたって、ターゲットを決める、メニューの開発など常に前をむいて計画を立てるのではなく契約の出口を考えることも必要ということでした。賃貸を借りるって契約解除の時にいくらかかるなど考えることができるとよいということでした。
また、経費の割合でFLコスト(食材原価+人権費)を50~60%に抑えるとよい経営ということです。

私たち1年生は一年しか経験できないので一回一回大切にしていき知恵を身につけていきたいです。次回は祭りについての組織決めもあるので積極的に参加していきたいです。
峯浦 慎

ページの先頭へ

photogallery.jpgphotogallery.jpg