Rapport [ラポール]|大学生のためのコミュニティポータル|Rapport入学式!

rapport_logo.gifrapporttoha3.gifrapporttoha3.gifschedule3.gifschedule3.gifmember3.gifmember3.gifactivities3.gifactivities3.gifrules.gifrules.gif

title.gif

2017年度 第7回 Rapport研修会

今回の研修会では、加藤さん、くみたさん、辻さんからお話をいただきました。
最初に、加藤さんから祭りの各部署についての説明を受けました。屋台・広報・協賛・イベント・経理・マーケット・ワークショップ・渉外のリーダーが決まり、みなさん一人ずつ祭りについての思いを語ってくださいました。私は博多のクリスマスマーケットをイメージして全員で協力して、お客様から自分達まで全ての人が楽しめる祭り作りをしていきたいと思いました。そして予知についても学びました。「赤字になったらどうしよう」ではなく、リスクに伴う解決法を考えていくことを大事にしたいです。また、1日目の経験を2日目の集客になるように改善していきたいです。
次にくみたさんからカフェについてのお話でした。まずカフェのリーダーの発表がありました。社会人から1年生までのリーダーがいるので、様々な意見をみんなで出し合い自分達だけのカフェを作っていきたいです。今日は、バイト・メニュー・供与体制について考えました。そこからそれぞれのリスクを考え予知をしマイナス面をあげました。個人的には1番難しいなと思った問題はセキュリティ管理だと思いしまた。これから一つずつリスクを回避して行きたいです。
最後に辻さんからお金についてのお話をいただきました。みんなで売り上げの内容をイメージしました。コーヒーともう一品で勝負していくことを決めました。そこで、もう一品をどうするか、コーヒーはいくらにするか、大きさはどうするか、1回のお客さんで合計はいくらか、など決めていかなければならないことが多くありました。そこで売り上げから利益を出し、振り分けをイメージしてみると、成果主義を大切に考えるとよいということが分かりました。
私は今回、今まで考えた事もないようなことをイメージして考えました。そこで、経営することや祭りをつくることの大変差や難しさを実感しました。とても良い経験なのでこれからもっと多くの経営の仕方を学んでいき、最高の祭り・カフェになるようにしたいと思いました。

栗本 真希

ページの先頭へ

photogallery.jpgphotogallery.jpg