Rapport [ラポール]|大学生のためのコミュニティポータル|Rapport入学式!

rapport_logo.gifrapporttoha3.gifrapporttoha3.gifschedule3.gifschedule3.gifmember3.gifmember3.gifactivities3.gifactivities3.gifrules.gifrules.gif

title.gif

2017年度 第13回 Rapport研修会

今回の研修会では、ラポールOB、OGの森島さん、江口さんにゲストとして来ていただきました。また、辻さんと祐太朗さんのお話の時間もありました。

森島さんは、リクルートで仕事をされている方です。学生へのアドバイスとしては、未来のビジョンをしっかりと立ててそれを達成するには
①やりたいことを見つけることの努力をする
②目的を手段としない
③何か1つやり切る
④内省と言語化を怠らない
⑤わからなかったら誰かに相談する
この5つを徹底することが大切であるとお話していただきました。自分がもっとも驚いたことは、「毎日自分の仕事ぶりを反省して、なにを改善するべきか、次はどうして行くべきか、自分の中に落とし込んで次に繋げていこうという仕事における意識の高さ」です。

江口さんは、幻冬社で仕事をされている方です。1番印象に残っているのは時間についての考え方です。「人より成果を出したかったら人の2倍働くこと」この言葉を本当に実践し、さらに上のレベルに上がっていることに感銘を受けました。

お二方のお話から発見したことがあります。言葉は違うかもしれませんが、お二方は
『未来のビジョンが見えていて、かつブレない』と思います。未来のビジョンを決め、それになるためにはどうするべきか、どうしなくてはならないか、を自分の中に落とし込む。それをやってみて反省し、次に改善していく。このようにしていくことで、自分を成長させていることがよくわかりました。

辻さんのお話では、若い時には図々しく行け、目の前の小さなことでくよくよするなという言葉をいただきました。まず、図々しくないと成長はしない。次に、目の前の小さなことでくよくよすることはない。20年後とか大きく考えるようにすることで将来のことも考えられるようになることを学びました。

祐太朗さんには、カフェの経営について伺いました。カフェはオープンしてから一ヶ月後からが本当の勝負であり、もう一度来ていただけるようにするためにはどうするべきかという内容でした。

私たちにはまだ経験したことのない社会という中で働いて成功している方々の考え方をお聴きする機会はなかなか無いので、1回1回を大切に講義を受けていき、今後に生かしていきたいです。
小森 将宏

ページの先頭へ

photogallery.jpgphotogallery.jpg